飲食店への飛び込み営業の極意!効率的に飛び込み営業する為には?

飲食店への飛び込み営業の極意!効率的に飛び込み営業する為には?

飲食店への飛び込み営業の極意!効率的に飛び込み営業する為には?

飲食店というのは、人目につくところにあることが多いので、飛び込み営業を受ける事が多い業種でしょう。駅前の繁華街を歩けば、一面飲食店が並んでおりますし、狭い地域に密集していることが多いので飲食店への飛び込み営業は比較的効率がいいものです。
しかし、その飲食店飛び込み営業を更に効率化させるためにはどうすれば良いと思いますか?ここではそんなお悩みに関する情報をご紹介致します。

飲食店への飛び込み営業のコツ

飛び込み先には困らない飲食店への営業ですが、成果を得るためには、いくつかコツがあります。代表的なものを紹介します。

①営業時間を把握し、忙しい時間に訪問しない。

忙しい時に訪問しても話を聞いてもらえないのは当たり前のことです。どの時間に営業していているか、営業形態は店によって違いますので、営業時間を把握して飛び込みましょう。

代表的なパターンでいうと、以下のようになります。

  • ・ランチがあり、夜の部までに休憩がない飲食店:
     ランチの混雑が終わる14時過ぎから夜の部で忙しくなる17時ぐらいまで
  • ・ランチがあり、夜の部までに求刑のある飲食店:
     休憩時間
  • ・夜の部のみの飲食店:
     仕込みが始まる前である開店2時間ぐらい前

②決裁権限のある人に話を聞いてもらう。

最初に目についた人に声をかけてしまいがちですが、アルバイトさんに話をしても、購入の決定権限者に正しく伝わらないことが多いです。

訪問した後、まずは決済権限のある人が誰なのかを確認し、決済権限のある人が誰かを確認し、直接話をするようにしましょう。

決済権限のある人は不在の場合が多いので、伝えたい情報をメモとして整理しておき、渡せるように準備しておくと良いかもしれません。

③お店の特徴をしっかりと頭に叩き込む

飛び込み営業というと、目に止まった店にふらっと入るというイメージを持ってしまいますが、訪問先の飲食店についての情報を入れておくことが大切です。

自営業の場合など、経営者(店主)には自分の店にこだわりを持っていることが多いので、訪問先の飲食店に関する情報をきちんと把握し、的確な会話をすることで、信用を獲得することができます。

④次につなげることを意識する。

1度の訪問で成果が出ることなんて、ほとんどありませんので、「悪い印象を与えずに店を後にできれば勝ち」ぐらいの感覚でいることが大事です。

決裁権限のある人に会えないような場合でも、何回も訪問することができれば、従業員の人に顔を覚えてもらえるし、名刺などを残すことで決済権限者に熱心さをアピールすることができます。その積み重ねが成果に繋がります。

飲食店への飛び込み営業の極意

飲食店への飛び込み営業のコツを紹介しましたが、フラッと飛び込み営業をしたのでは、実はどのコツも活かせません。飛び込み先がいっぱいあるので、制約率の悪さを数で補おうとしてしまいますが、下手な鉄砲、数撃ちゃあたる世界ではないのが、飲食店への飛び込み営業なのです。

では、何が大切なのか?答えは事前準備です。飛び込み営業の概念と矛盾するようですが、営業先の情報をあらかじめ調べ、テレアポなどで一次スクリーニングを行うことによって、訪問する飲食店を絞り込めたり、それらのお店の情報を収集したりすることで、効果的、効率的に飛び込み営業ができるようになります。

訪問先リストをどのように作るか

訪問先リストですが、インターネットで検索して自作したり、NTTが公開している「iタウンページ」などを使ったりすることによって、特定地域にある飲食店や料理の種類などで絞り込んだリストを簡単に作ることができます。

ただ、リストを自作してしまうと、リストの内容に偏りができてしまいますし、かけたコストに比べて満足のいくリストにならないことが多いのが実情です。

私がおすすめする方法は、「企業リストの購入」です。ネットで検索をすると、企業リストを販売しているサイトが多数でてきますが、値段が高かったり、情報が古かったり、営業用のリストとして最適化されていなかったり、、といった企業リストが多い事も実情です。弊社では、業界毎や目的毎などに、最新の情報を掲載した営業先リストを専門に取り扱っておりますので、ご利用されてみてはいかがでしょうか。

弊社の飲食店営業先リストの詳細はこちら

弊社が提供しているサービスを適切に使うことで、リスト作成に必要となる時間を大きく削減でき、その時間を営業活動に使うことができるようになります。
「時間をお金で買う」ことも大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る